コウノトリ生殖医療センター 卵子提供説明会

近年、日本では晩婚化と高齢化により赤ちゃんに恵まれないご夫婦が多くいらっしゃいます。年齢は妊娠率に大きく影響し、長い時間をかけて不妊治療を頑張ったにもかかわらず、ずっと子供を授かれない場合もあります。

海外では、その様な場合は卵子提供による治療を選択することが少なくありません。日本のお隣台湾には、世界でも珍しい国による管理の下運用されている安心できる卵子提供制度があります。

主な内容

1.どうして台湾で卵子提供を受けるのか

2.どうしてコウノトリを選ぶのか

  • 台湾での卵子提供、2人に1人は当院で治療
  • 毎年約30-40組の日本人夫婦が受診
  • 5日目の胚盤胞1個移植の場合、妊娠率は50-60%
  • 2個移植の場合、多胎のリスクは上がるものの妊娠率は70-80%
    (当院では患者様の希望がない限り、1個移植を推奨)
  • 治療を始めた人は約90%が妊娠或いは出産
  • 待つ必要がない 300人の卵子バンク+新鮮卵子ドナー登録【詳しい理由はこちら】
  • 年間600件以上の豊富な海外医療サービス経験【病院についてはこちら】

3.ドナーについて

  • 法律に規制されている検査より更に厳しい健康診断を行っています。
  • 審査の厳しさから、当院のドナー審査を通過するのは登録希望者の15%程度。
  • それでも当院はアジア最大の卵子バンクを備えております。

4.卵子提供治療の流れは?

  • 書類準備 費用支払い ドナーマッチング 移植前の準備 移植後のフォロー

5.説明会限定プランの説明

【説明会限定プラン】

登録数300超の卵子バンクから希望のドナーを選択

当日のマッチング確認が可能です!

●プラン1:卵子バンク

-当日に卵子バンクの申込み書を提出

-最短で次の生理周期に移植することが可能

-台湾への往復は1回、または2回

●プラン2:新鮮卵子

-当日に申込み書を提出する

-最短で初診後約3ヶ月以内に移植することが可能

-台湾への往復は2回