送子鳥生殖医療センター 卵子提供説明会

近年、日本では晩婚化と高齢化で赤ちゃんが恵まれない傾向がよく見られます。年齢による妊娠率に大きく影響しますので、長い時間をかけて不妊治療を頑張ったけれど、ずっと叶えられない場合もあります。実は、台湾で卵子提供という選択肢があって、法整備も完備しています。

台湾で初めての卵子バンクとして、送子鳥は2000年以来、卵子提供で数千人の患者さんに家庭円満の願望を実現させてきました。「子供がいる家は一番幸せだ」は送子鳥の信念です。私たちは、62歳と57歳で男女双子を順調に出産させるという奇跡を起こしました。高齢女性、早発閉経、或は数回体外授精を失敗した人でも、みんな赤ちゃんを授かることができます。

主な内容

1.どうして台湾で卵子提供を受けるのか

2.どうして送子鳥を選ぶのか

  • 台湾で卵子提供を受けた人の中で、50%は送子鳥の患者さん
  • 送子鳥で卵子提供を受けた人の妊娠率と出産率は、患者さんの年齢に関わらず、35歳以下の妊娠率と出産率と同じ
  • ドナーを待つ必要がない 卵子バンク+新鮮卵子 【詳しい理由はこちら】
  • 豊富な海外医療サービス経験 年間500件以上 【病院についてはこちら】

3.ドナーさんについて

  • 法律に規制されている検査より更に厳しい健康診断を行っている

4.卵子提供治療の流れは?

  • 必要な文書 費用 ドナーマッチング 移植前の準備 移植後のこと

5.説明会限定プランの説明

【説明会限定プラン】

300例凍結している卵子バンクから自分で選ぶ

当日にマッチングの確認は可能です!

●プラン1:卵子バンク

-当日に卵子バンクの申込み書を提出する -早めに次の生理周期までに移植することができる -1回往復だけ(台湾滞在約7日)

●プラン2:卵子バンク or 新鮮卵子

-当日に新鮮卵子の申込み書を提出する -初診後約3ヵ月までに移植することができる -2回往復だけ(台湾滞在約2日や3日)